アラジン主演俳優の現状について!人種差別でオーディション受けれず

ディズニー実写映画「アラジン」のアラジン役を努め注目されたメナマスードさん。

 

キレキレなダンスと演技力で一気に注目される存在となりましたよね!

 

アラジンでメナマスードさんのことを知ったという人も多いのではないでしょうか?

 

そんなメナマスードさんの現状がひどいと話題になっているようです…

 

ということで今回は「アラジン主演俳優の現状について!人種差別でオーディション受けれず」と題して、メナマスードさんの現状について紹介していきます!

スポンサーリンク

アラジン主演俳優”メナ・マスード”について

 

名前 メナマスード

出身地 エジプト

誕生日 1991年9月17日

 

エジプト・カイロで生まれたメナマスードさん。

 

3歳のときにカナダのオンタリオ州マーカムに家族で移住し育ったため国籍上ではカナダとなっています。

 

セントブラザーアンドレ・カトリック高校を卒業。

 

ライアソン大学に入学し演劇プログラムを学んでいました。

 

その後、俳優として活動を始めドラマや映画に出演されています。

 

【主な出演】

2011年 NIKITA/ニキータ

2015年 Open Heart

2018年 トム・クランシー/CIA分析官 ジャック・ライアン

2019年 アラジン

アラジン主演俳優”メナ・マスード”の現状がひどい…

 

アラジンで主役を務めたメナマスードさんの現状がひどいと言われているようです。

 

映画が大ヒットした後、メナマスードさんはオーディションを1つも受けることができない現状となっています。

 

「あれだけの大ヒットだからオファーが殺到するんじゃない?」

 

と思いますよね…?

 

オーディションを受けることができない理由としてイメージの問題があるようです。

 

エジプト生まれのメナマスードさんはテロリスト系の役柄を避けているようで、悪いイメージがつかないようにされているようです。

 

ですが、エジプト生まれのメナマスードさんの顔立ちから他のオファーが少なく主役を取れる人種ではないと差別的扱いを受けています。

 

確かにルックスや顔立ちで役が制限されることはありますが…

 

今後のメナマスードさんの活動はどうなってしまうのでしょうか?

アラジン主演俳優”メナ・マスード”の今後の活動は?

 

メナマスードさんの今後の活動ですが、出演作としてギャングに復習する女性の姿を書いたTVシリーズ「リプライザル」への出演を控えているようです。

 

俳優としての活動は続けられていくようで安心ました。

 

まだまだ若い役者さんということもあり柵も多いと思いますが、今後に期待してまたメナマスードさんが主演を務める映画を見れることを祈っています!

スポンサーリンク

 

最後に

いかがだったでしょうか?

 

今回は「アラジン主演俳優の現状について!人種差別でオーディション受けれず」について紹介していきました。

 

アラジンブームから次に進めていないメナマスードさんですが、きっと一発屋では終わらないはず…!

 

ボクも実写版アラジンを何度も観ていますので、メナマスードさんの今後にも期待しています。

 

これからもメナマスードさんに注目していきます!

 

最後までご覧いただきありがとうございました!

 

それでは。

スポンサーリンク