桜井日奈子の歌唱力がひどい!?「花と毒薬」ドラマ主題歌【動画】

日本の女優として活躍されている桜井日奈子さん。

 

岡山の奇跡とメディアで取り上げられ、数々のドラマや映画に出演されています。

 

そんな大ブレイクを果たした桜井日奈子さんですが、ドラマ「ヤヌスの鏡」で初の主題歌を担当されたことで話題となっているようです!

 

女優や俳優が歌手デビューされることは近年増加していますからね。

 

気になるのは桜井日奈子さんの歌唱力。

 

ネットでは「桜井日奈子は歌が下手」という噂も…

 

ということで今回は「桜井日奈子の歌唱力がひどい!?「花と毒薬」ドラマ主題歌【動画】」と題して、桜井日奈子さんの歌唱力について調べてみました!

スポンサーリンク

桜井日奈子がドラマ「ヤヌスの鏡」の主題歌を担当

 

2019年8月16日、FOD連続ドラマ「ヤヌスの鏡」の主題歌を桜井日奈子さんが担当されることがわかりました。

 

ドラマで桜井日奈子さんは二重人格の役を演じるということで難しい役を務めています。

 

ドラマ主題歌の作曲とプロデュースはロックバンド・MY FIRST STORYのSho(G)が手掛けています。

 

1981~82年に『週刊セブンティーン』にて連載された宮脇明子氏の人気漫画を85年にフジテレビでドラマ化した『ヤヌスの鏡』が、34年の時を経て再び映像化。幼い頃から厳格な家庭に育った優等生の高校生・小沢裕美(オザワヒロミ)は、厳しい祖母に閉じ込められた納戸の中で、鏡台を見つけたことをきっかけに、全く別の人格を持った不良少女“ユミ”に変貌してしまう。

 主題歌「花と毒薬」は、ジャケット写真にもなっているヒロミのもう一つの人格・不良少女のユミが、さまざまなしがらみにしばられながらも、それに抗う心の叫びを表現するハードなロックナンバー。「鍵をかけて暗い闇に閉じ込めても 私は縛れない」といったストーリーを象徴するような歌詞が要所に散りばめられ、桜井の力強くもクリアな声で歌い上げる。作曲とプロデュースはロックバンド・MY FIRST STORYのSho(G)が手がけた。

桜井日奈子の歌唱力がひどいと噂に…【動画】

桜井日奈子さんの歌唱力がひどいと言われています。

 

ネットでは「桜井日奈子歌下手すぎ」「なんか違和感…」

 

という声が上がっていました。

 

本当に桜井日奈子さんは歌が下手なの?と気になり調べてみるとCMで歌っている桜井日奈子さんの動画が見つかりました!

 

 

どうでしょうか?

 

ん~。普通じゃない?

 

確かに歌が上手いかと言われるとそんなことも無いように思いますが、一般的な歌唱力なのではないでしょうか?

 

女優や俳優の歌手デビューとなるとハードルが少し高くなる傾向もありますので期待しすぎると「下手じゃん…」と思ってしまうかもしれませんね。

 

桜井日奈子さんが歌うドラマ主題歌「華と毒薬」とはどのような曲なのか気になりますね!

桜井日奈子のドラマ主題歌「花と毒薬」

桜井日奈子さんが担当されたドラマ主題歌「華と毒薬」について紹介します。

 

~ドラマ放送後公開予定~

スポンサーリンク

 

最後に

いかがだったでしょうか?

 

今回は「桜井日奈子の歌唱力がひどい!?「花と毒薬」ドラマ主題歌【動画】」について紹介していきました。

 

女優として活躍されている桜井日奈子さんですが、歌手としてのデビュー曲となった「華と毒薬」

 

ドラマでの桜井日奈子さんの演技も見どころですが歌手としての一面にも注目ですね!

 

今後の桜井日奈子さんの活躍に期待が高まります!

 

最後までご覧いただきありがとうございました!

 

それでは。

スポンサーリンク