セブンイレブン営業時間を短縮する直営店はどこ?地域や店舗を調査

セブン-イレブン・ジャパンが3月21日から24時間営業の見直しによる営業時間の短縮実験をすることがわかりました。

 

セブンイレブンの24時間営業の見直しは創業以来初のことのようですね。

 

営業時間の短縮実験には、セブンイレブンの直営店10店で行われるようですが、いったいその直営店とはどこなのでしょうか?

 

さっそくセブンイレブンの直営店について調べていきました!

スポンサーリンク

セブンイレブン営業時間短縮の詳細

セブンイレブン営業時間短縮の詳細です。

24時間営業の見直しに向け「セブン-イレブン・ジャパン」が、営業時間の短縮実験を今週木曜日(21日)から実施することがわかりました。

 セブン-イレブン・ジャパンは、21日から直営店10店舗で営業時間の短縮実験を始めます。営業時間は店舗によって異なり、午前5時から翌午前1時までの20時間営業、午前6時から翌午前0時までの18時間営業、午前7時から午後11時までの16時間営業の3つにわけます。フランチャイズ店舗への拡大も予定していますが、詳細は検討中で、実施期間も決めていないということです。

 セブン-イレブンが24時間営業を見直すのは創業以来初めてで、収益や客数などの変化を調査し、営業時間の短縮効果を検証します。

セブンイレブン営業時間を短縮する直営店はどこ?

2019年3月21日から営業時間の短縮実験が開始されます。

 

営業時間が短縮されるセブンイレブンの直営店ですが、「東京」「愛知」「千葉」「栃木」「宮城」「兵庫」「福岡」「熊本」の8都県から直営店10店で実験を開始されるようです。

 

店舗名までは現在情報はありませんでしたが地域は決定しているようですね!

 

夜間に店舗を閉店された事による「お客様の反応」「客数」「売上」「作業効率」「収益性」が検証されるようです。

対象店舗や実験期間は未定だが、夜間に店舗を閉店した時の、お客の反応、売上、客数、作業効率、収益性などを検証する。

この実験にはネットでも賛否あるようです。

 

「なぜ直営店で実験をするのか?」

「実際に営業時間の短縮を希望している店舗で行ったほうが良いのでは?」

 

という声が多く上がっていました。

 

セブンイレブンは今後、どうなっていくのでしょうか…?

セブンイレブン24時間営業の見直し実験による影響は?

セブンイレブンが24時間営業の見直し実験をすることによって起こりうる影響ですが、おそらく著しい売上の減少に対応されるようになるのではないでしょうか。

 

「お客様の反応」「客数」「売上」「作業効率」「収益性」のうち、セブンイレブンは「売上」に重視するかと思います。

 

売上を上げるには24時間営業をさせることが最も効率がいいですからね。

 

また、ローソンでは2006年~2007年に24時間営業の短縮実験を行っていましたが、店舗の売上の減少により実験を取りやめた例があります。

 

ですのでセブンイレブンも、実験によって売上が大きく下がるようであれば、実験を取りやめる可能性も考えられます。

スポンサーリンク

最後に

いかがだったでしょうか?

 

今回は「セブンイレブン営業時間を短縮する直営店はどこ?地域や店舗を調査」について紹介していきました。

 

営業時間の短縮される地域は決まっていましたが、店舗情報がまだありませんでした。

 

引き続き調査していきます。

 

それでは。

スポンサーリンク