ローソン無人営業に万引き対策大丈夫?アプリダウンロードや決済方法

2019年3月29日、ローソンが深夜帯の無人営業の実験を7月から開始することを発表。

 

無人営業が実現された場合、コンビニ業界では革命的な進歩が予想されています。

 

人手不足の解消、作業の効率化が格段的に上がることは間違いないでしょう。

 

以前から無人営業の実現化の噂はありましたが、実際に無人営業が開始された場合の万引き対策などはどうする予定なのでしょうか?

 

無人によるデメリットも考えなくてはなりませんからね…

 

今回は、ローソンが深夜帯の無人営業を開始したことによる万引き対策についてまとめていきます。

 

また、無人営業の際に使用されるアプリのダウンロード方法や決済の方法についても調べてみました。

スポンサーリンク

ローソンが深夜帯に無人営業の実験を開始

ローソンが7月ごろから国内の2店舗で深夜の無人営業の実験を開始することを発表しました。

 

ーニュース詳細ー

 ローソンが、深夜に無人でコンビニを営業する実験を始めると発表しました。

 ローソンは、7月ごろから数か月間、国内の2店舗で午前0時から午前5時まで無人で営業する実験を始めます。現在、ローソンでは、決済機能を持ったアプリを運用していますが、そこにQRコードを使った入店機能も搭載する予定です。

 実験では、客がスマートフォンで無人営業店の入口のカギを開けて入店し、自分で決済する仕組みです。たばこやお酒など販売に免許が必要な商品や店員が提供するレジ横の惣菜は販売しませんが、その他は通常の商品をそろえる計画です。

 コンビニ業界では先週、セブン-イレブン・ジャパンが営業時間の短縮実験を始めるなど、24時間営業の見直しを摸索する動きが出ていて、ローソンでは、デジタル技術を使った人手不足対策に乗り出します。(29日18:43)

ローソンの無人営業に万引き対策は大丈夫なのか?

 

無人営業の実現化が成功するとコンビニ業界では一気に革命的進歩を遂げることとなるでしょう。

 

ですが、無人による考えられる問題点は「万引き」ですよね。

 

では、万引き対策はどのように行うつもりなのでしょうか?

 

結論を言うと「アプリ管理」のようです。

 

実験段階の話ですが、無人営業時間帯はコンビニのドアはロックされます。

 

入店するときはアプリを使用し解錠する仕組みとなるようです。

 

なお、バックヤードには1人待機させるようで、防犯カメラの増設なども行い万引き対策をしていく予定です。

ローソンの無人営業 アプリダウンロードや決済方法について

 

ローソンの無人営業により、決済方法も少し変わってくるようです。

 

決済はアプリ、またはセルフレジで行うこととなります。

 

ローソンのスマホアプリ「ローソンペイ」のカメラ機能で商品のバーコードを読み取ることで決済できるようになります。

 

また、「ローソンペイ」のアプリのダウンロードですが、現在はまだ出来ないようです。

 

おそらく6~7月頃からダウンロードが出来るようになると予想されます。

スポンサーリンク

 

最後に

いかがだったでしょうか?

 

今回は「ローソン無人営業に万引き対策大丈夫?アプリダウンロードや決済方法」についてまとめていきました。

 

無人営業の実現化は将来的にはほとんどのコンビニで行われていくものとなることが予想されます。

 

問題やトラブルは多く存在すると思いますが、実現を心待ちにしたいと思います。

 

それでは。

スポンサーリンク