コンビニでバイトする人必見!よくいるうざい客の行動10選

コンビニでアルバイトをしていると「この客うざいな」などと思うことがよくあります。

ほとんどが小さなストレスなのですが、まだコンビニでアルバイトの経験がない人からすると「え、こんなことで?」と思うかも知れません。

ですが、一日に何百人と接客をしているとストレスが溜まってしまうんですよね。

ということで今回は、コンビニで嫌われる客の行動について10選紹介していこうと思います!

コンビニでアルバイトをしようと思っている人は、知っておくとトラブルを回避できますよ!

スポンサーリンク

コンビニで嫌われる客の行動

コンビニで働いていると、どうしても「嫌な客」や「うざい客」に遭遇することが多くあります。

その中でも特によくあって、トラブルになりやすいことをまとめてみました!

無意識にしてしまっているということがあったら気をつけましょう。また、コンビニでのバイト経験のある人は共感できることばかりだと思います!

お金を投げる

お会計時にお金を投げるように受け皿に入れる人がいますが、店員側はこの行動にイラッとくる人が多いです。

無意識に投げてしまっている人も多いと思いますが、すごく腹の立つ行為なので絶対にやめましょう!

お金は「投げる」ではなく「置く」を意識してください。

イヤホンをしながら会計

これはトラブルの多い悪質行為だとボクは思います。

お客様がイヤホンをしていると、店員側の声が聞こえませんよね?

「温めますか?」「袋を別にしますか?」など店員側は声を掛ける場面が度々あります。

そんなときにイヤホンをしていると何度声を掛けても無反応なんてことがよくあります。

反応がない限り自己判断で温めることは出来ないのでそのまま袋に入れることになりますよね?そうすると「温めろよっ!」とキレてくる人もいます。

「ならそのイヤホン外せよ」と店員側は言うことも出来ないので「申し訳ございません」と謝るしかありません。

理不尽すぎると思いませんか?

すごく迷惑なので気をつけましょう!

声が小さい

声が小さいと何を言っているのか分かりません。聞き返しても同じボリュームで話す。

「いや聞こえねーし」

店員はみんなそう思うことでしょう。

タバコの番号をボソッと言ってくる人がいます。「60」って今言ったのかなと思い商品を持っていくと「63って言ってんだろっ!」と声を荒げてきたり…

その声のボリュームで話せるのならはじめから聞こえるように話してください。

つねにタメ口

これは人としてどうなのかなとボクは思います。

店員だからなど理由はあるかもしれませんがあくまで他人ですよね?

道を尋ねるときに「ここってどうやっていくの?」なんて知らない人に聞いたりしないですよね。

「すみません、道に迷ってしまって…〇〇駅までの行き方を教えて頂けないでしょうか?」と聞きませんか?

コンビニは敷居が低く感じるのもわかりますが、どんな場所でも人としての礼儀を忘れないようにしましょう。

スポンサーリンク

無言で電子マネーをかざす

「お会計〇〇円です」

(無言で電子マネーをかざす)

電子マネーとは一種類ではありません。Suica、ID、QUICPayなど色々あります。

コンビニで働いたことがない人はわからないかもしれませんが、レジ側で電子マネーを選択しないと支払いができない仕組みになっています。

店員はエスパーではないのでちゃんと使用する電子マネーを伝えてください。

小銭を大量に出す

これはボクが思う一番気がかりな行為です。

「お会計689円です」と言って受け皿にお客様がお金を置きます。

100円玉6枚、10円玉8枚、1円玉9枚

几帳面な性格なボクだからこんなこと思ってしまうのかもしれませんが、なぜそんなに財布に小銭が入ってるの?

毎回計算して支払っていれば同じ硬貨が大量になることなんてないですよね?

まだ100円玉ならわかります。ゲームセンターなどに行ったら財布に100円玉が大量になったりしますから。

1円玉はそんな事にならないですよね?

これはうざい客というよりはボク個人の疑問でした。

受け皿にお金を置かない

受け皿とはお金を置くためのものとしてレジに置いてあります。

それなのに受け皿の隣に小銭をジャラジャラと置く人がいます。

受け皿は例えると駐車場と同じだとボクは思っています。

駐車場は車を停めるためにありますよね?

駐車場があるのに道路のど真ん中に車を停める非常識な人いないですよね。(笑)

ザックリとした例えでしたが、お金を入れるところがあるのにわざわざ隣にお金を置くのはやめましょう!

百円単位の会計で万札を出す

この行為自体はバイトにとってはそこまで問題な行為ではないのかと思います。

万札で出されてお釣りが千円札しかなかったときにキレてくる客がすごく迷惑だと感じます。

特に五十日(給料日)は万札で支払いをされる人が多いので五千円札がなくなってしまうことがあります。

そこはご了承ください。

袋詰めした後に袋を拒否

袋に入れた後に「袋いらない」と言われるとすごくイラッとします。

袋がいらないのであれば、はじめに言うか、袋に入れようとしているのがわかった時点で言っていただきたいです。

袋から商品を出すのも店員がやりますよね?

二度手間です。

レシートを渡すときに手を避ける

お年寄りに多い行為です。

お釣りとレシートは基本一緒に渡しますが、手に置こうとしたときにレシートがいらなくて手を引く人がよくいます。

バイト経験が長く、なれている人ならすぐに対応できますが、新人の子はお金をこぼしてしまうなんてこともあります。

悪いのは手を引いたお客側ではありますが仕事としてやっていますので店員のミスとして扱われキレてくる客もいます。

レシートがいらないのであれば口で言えば済むことです。

スポンサーリンク

コンビニでバイトを考えているあなたへ

これだけのことを言われるとコンビニで働くことをためらってしまう人もいるかと思います。

ですが、ボクはコンビニで働くことを強くおすすめしています。

理由としては、人(店員)に優しくなれるからです。

店員として働いてみて初めて分かることが多くあります。

そのことを知れたことはボクにとって現在も活かされています。それは大きな価値だと感じています。

ぜひあなたも人の心を知る「人生勉強」だと思ってコンビニで働いてみてはいかがでしょうか?

まとめ

今回は、コンビニで嫌われる客の行動について紹介しました。

どの世代にも非常識な客というのはいるものなので対処することは出来ないのがこの問題です。

が、一人ひとりが気持ちを考えあって行動できることがストレスの少ない良い環境になるのではないかと思います。

心当たりのある人は今からでも考えていただけると嬉しいです!

それでは!

スポンサーリンク