ネットで話題!イノセンスの登場人物が温泉の名前の理由は?

2019年1月から放送されるドラマ

『イノセンス 冤罪弁護士』

の登場人物がみんな温泉の名前が

使われていることで、

ネットで話題になっています!

 

無実の罪で問われた弱者を弁護士が

ジャーナリストや科学者と共に

冤罪に立ち向かうストーリーですが

『温泉』とはどのような関係が

あるのでしょうか?

 

注目されているドラマとだけあって

気になっている人も多いように感じます。

 

ボクもドラマの内容を見て

登場人物の名前が温泉であることに

気が付き、気になっていました!

 

ドラマの内容と『温泉』がどのような

繋がりがあるのでしょうか?

 

さっそく調べてみました!

スポンサーリンク

『イノセンス 冤罪弁護士』あらすじ

『イノセンス 冤罪弁護士』のドラマの

あらすじについて紹介していきます。

 

無実の罪に問われた弱者を救え!

弁護士・黒川拓が楓とバディを組み、

ジャーナリストや科学者と共に、

”実験”で冤罪に立ち向かう!

黒川拓は逆転無罪を3年で5件も勝ち取った

敏腕若手弁護士。

拓とバディを組み、振り回されながらも事件

解決に向けて情熱を燃やす新米弁護士・和倉楓。

無実なのに罪に問われた弱者を救う

弁護士・科学者・ジャーナリストたちの活躍を描く

ヒューマン・リーガル・エンターテインメント!

 

冤罪ドラマと言えば松本潤が主演の

『99.9-刑事専門弁護士』

が、記憶に新しいと思います。

 

同じ冤罪を舞台に弁護士が競い合う

ストーリーですが、

『イノセンス 冤罪弁護士』の見どころは

”実験”で無実を証明すること。

 

内容は逆ですが福山雅治が主演した

『ガリレオ』に似ているかもしれませんね!

『イノセンス 冤罪弁護士』登場人物

『イノセンス 冤罪弁護士』に登場する

主な人物を紹介します。

 

 

  • 弁護士:黒川拓(坂口健太郎)→黒川温泉

  • 弁護士:和倉楓(川口春奈)→和倉温泉

  • 弁護士:湯布院和人(志賀廣太郎)→湯布院温泉

  • 弁護士:登別次郎(正名僕蔵)→登別温泉

  • 弁護士:別府長治(杉本哲太)→別府温泉

 

  • パラリーガル:城崎穂香(趣里)→城崎温泉

  • パラリーガル:石和徳則(赤楚衛二)→石和温泉

 

  • 物理学者:秋保恭一郎(藤木直人)→秋保温泉

  • TV局ディレクター:有馬聡子(市川実日子)→有馬温泉

 

  • 検察官:指宿林太郎(小市慢太郎)→指宿温泉

 

分かる通り、有名な温泉の名前が

使われています。

 

人物と温泉、ストーリーと温泉には

関わりがあるのでしょうか?

『イノセンス 冤罪弁護士』と温泉に関係はあるのか?

登場人物の名前が温泉であることと、

ドラマの内容とはどのような関係が

あるのでしょうか?

 

調べてみたところ名前が温泉であることに

特に意味はないみたいです。

 

『科学』『冤罪』『裁判』など

難しい内容で情報量が多くなりすぎないように

名前くらいはシンプルで覚えやすい

キーワードにしようという配慮なのかも

しれません。

 

キャラクターが多く登場する

アニメなどによくあるパターンですね!

スポンサーリンク

最後に

今回は、『イノセンス 冤罪弁護士』の

ドラマの登場人物に温泉の名前が使われている

理由について調べていきました。

 

登場人物の名前がみんな温泉であれば

覚えやすいですね!

 

どんなストーリー展開になっていくのか

毎週楽しみです!

 

それでは!

スポンサーリンク