菊池風磨がマリウス葉をいじめ!?ラジオでいじり中間淳太が激怒!

2019年4月1日~5日放送回のSexyZoneが週替わりでパーソナリティを務めるラジオ「Sexy ZoneのQrzone」に菊池風磨さんとマリウス葉さんが登場。

 

菊池風磨さんがマリウス葉さんへのいじり方にネットで問題になっています。

 

「いじりの度が過ぎてる。」「もうこれイジメじゃん。」

 

などというコメントが多くありました。

 

以前から菊池風磨さんのいじりにネットでは賛否ありましたが、今回の出来事により、問題視されているようですね。

 

いったい菊池風磨さんはどんないじり方をしていたのでしょうか?

スポンサーリンク

菊池風磨がマリウス葉をいじめ!?

菊池風磨さんがラジオ「Sexy ZoneのQrzone」でマリウス葉さんに対し、イジメをしていたのではないかと問題になっています。

 

その内容がこちら。

この日、リスナーから届いたメッセージをきっかけに、マリウスのハイブランドファッションにツッコミを入れ、いじり始めた菊池。これにマリウスが「風磨くんも絶対高いよ!」と反論すると「(僕は)Tシャツ1枚ですよ。こんな寒いのに。『桐山スタイル』よ、言ったら。季節感全然無視した桐山スタイルです」と、今度は先輩の桐山までいじり始め「今日(の放送の後は)、桐山の日だ! 桐山と中間の日だ!」と2人を呼び捨てにする始末。

 そんな中で菊池が「仲良いよね? 淳太くんとは」とマリウスに聞くと「まぁ、そうですね」と中間とは仲が良いと発言したマリウス。一方で「桐山くんとはそんなに仲良くないの? 怖い?」と菊池がマリウスに聞くと、「桐山くんとかはあんまり知らないですね。怖くはないよ。いつも優しく挨拶とか返していただいて」とのこと。しかし菊池は「桐山くんからは挨拶しないんだね、やっぱね。待ってるんだろうね。くぅ~しびれるね。先輩怖いっす」と桐山をいじり倒していたのだった。

 対する菊池は、自分から挨拶するタイプだと語るも“イイ人キャンペーン中”のため「桐山さんと中間さんにもイイ人と思われたいな」とコメント。そこで、ラジオを通して2人に挨拶をすることになったのだが、菊池は「なんで(2人がラジオを)聞いてるかわかる?」とマリウスに問いかけ。

 どうやら菊池は、自分たちのラジオが中間と桐山がパーソナリティを務めるラジオ内で放送されているのを、マリウスが理解しているか確かめたかっただけのようだったが、マリウスの答えは「Sexy Zoneのこと好きだから」というもので、これには菊池も「お前、マジか……」と絶句。

 マリウスは、番組が中間たちのラジオ内で放送されていることは「知ってる!」「理解してた」と反論していたが、菊池は「やっちゃったな」「やっと理解したんだ。これを聞かれるってことに。怖いよ~桐山くんは」とマリウスをいじり続け「じゃあ(2人が)聞いてたら反応してもらおう」と2人に呼びかけていたのだった。

 この呼びかけに桐山は、「マリウスく~ん、聞いてますか~?」と反応したのだが、中間は「おい風磨、マリウスいじめんなよ。ええ加減にせぇよ!」と一喝。桐山も「ほんまや! かわいそうやでぇ」と、エンディングで「もうやだぁ」と拗ねてしまったマリウスに同情していたのだった。

 

 

一見菊池風磨さんがマリウス葉さんに対していじり倒しているように思えますが、いじりの幅を超えているようにも感じます。

 

いじりとイジメの境界線って難しいですよね…

 

ボクは中学生の頃、イジメを受けていた経験がありました。

 

いじられキャラだったボクはイジメに近い”いじり”を受け続ける日々。

 

抵抗すると周りは「いじりにムキになんなよ(笑)」とこれはイジメじゃないと言っていました。

 

会話が苦手だったボクはいじりによってコミュニケーションを成立させていたこともあり、卒業まで我慢の日々でした。

 

すみません…話がそれてしまいました。

 

ボクのいじめられていた経験から、いじりとイジメの境界線とは「どちらがプラスであるか」ということだと思います。

 

「両方がプラス」の場合は”いじり

 

「片方がプラスでもう片方がマイナス」の場合は”イジメ

 

であると個人的に感じています。

 

この「プラス」「マイナス」とはいじり方を指しています。

 

いじりに対して両方が「面白い」と感じるのであれば”いじり”

 

いじりに対して片方が「不快」と感じるのであればそれは”イジメ”です。

 

そのためボクの場合、いじりに対して「不快」だと感じていた中学校生活は「イジメられていた」と認識しています。

 

もし、菊池風磨さんのいじりに対し、マリウス葉さんが「不快」だと感じていた場合は”いじめ”であると言えるでしょう。

 

ちなみに両方とも不快に感じる会話は”ケンカ”です。(笑)

菊池風磨のラジオでのマリウス葉いじりに中間淳太が激怒!

菊池風磨さんのマリウス葉さんに対するイジりに、中間淳太さんがコメントしています。

 

「おい風磨、マリウスいじめんなよ。ええ加減にせぇよ!」

 

と中間淳太さんは大激怒。

 

ラジオでの内容は他者から見たらイジメに見えていたのでしょう。

 

ラジオのエンディング、菊池風磨さんは「いじめられている雰囲気だすと俺がいじめてるみたいになる」とコメント。

 

それに対し、マリウス葉さんは「僕は風磨くんのこと好きだからならないよ」と一言。

 

菊池風磨さんとマリウス葉さんは兄弟のような関係であると語られました。

菊池風磨のいじめにネットの反応は?

菊池風磨さんのいじり・いじめに対し、ネットの反応は賛否あるようです。

 

スポンサーリンク

最後に

いかがだったでしょうか?

 

今回は「菊池風磨がマリウス葉をいじめ!?ラジオでいじり中間淳太が激怒!」について紹介していきました。

 

ボクはいじめられていた過去があり、イジメとイジりの境界線は自分の中で作っています。

 

マリウス葉さんが菊池風磨さんのいじりに対して不快だと感じていないのであれば、ラジオでの内容は会話を盛り上げるためのイジりだったのではないでしょうか。

 

境界線を知ることでイジりをイジメを認識することが大切です!

 

それでは。

スポンサーリンク