【松橋事件】宮田浩喜の無実の訴えを否定したT弁護士とは?

1985年1月8日に起きた松橋事件。

 

この事件によって宮田浩喜さんの人生が狂い始めた。

 

宮田さんは冤罪だったのだ。

 

この事件に関与した人物の中にT弁護士というものがいる。

 

今回はT弁護士について注目していきます。

 

【松橋事件】齊藤弁護士が冤罪事件を無罪に!現在はどうなった?

【松橋事件】宮田浩喜の現在や家族は?事件の真相や真犯人は?

スポンサーリンク

松橋事件とは?

1985年1月8日、熊本県松橋町で男性が自宅で首などを刃物のようなもので刺された姿で発見された。

 

推定死亡時期が1月4日~6日の間とされ、5日の夜に被害者の自宅で口論していた宮田浩喜さん(当時51歳)が疑われた。

 

警察は宮田浩喜さんの自宅周辺を監視し、8日~20日の間、任意であるにも関わらず、宮田さんが断った日も自宅に押し寄せ取り調べが行われていた。

 

長時間の厳しい取り調べに耐えきれなくなった宮田さんは「否認のまま逮捕してくれ」と自白し20日に逮捕される。

 

この自白をもとに1986年12月22日に懲役13年の有罪判決が言い渡された。

宮田浩喜はT弁護士に無実を訴えていたが…

宮田さんは無実を訴えていたが早朝から深夜まで続く事情聴取に耐えかねて自白してしまう。

 

宮田さんが弁護士を雇うお金は無く、国が選んだ弁護士が派遣されることとなった。

 

との人物こそT弁護士である。

 

宮田さんはT弁護士に無実を訴えていたが「自白してしまった以上、無実で争うのは無理だ」と宮田さんを見捨ててしまった。

 

私選弁護人を雇えなかったため嘘の自白をせざるを得ない状況に追い込まれた宮田さんは、その後の裁判で犯行を全面的に否認をしたものの、一度の自白が決めてとなり実刑判決を受ける。

 

(なお、私選弁護人を雇うと30万~50万円ほどの費用がかかる。)

無実の訴えを否定したT弁護士とは?

宮田さんの無実の訴えを否定したT弁護士とはいったい誰なのでしょうか?

 

このことについては名前が挙げられておらず調べることは出来ませんでした。

 

ですが、T弁護士が無罪で戦うことから身を引いたのも無理はなく、有罪になってしまうと99.9%ひっくり返ることはないと言われています。

 

どんなに優れた弁護士でも0.01%の可能性を見出すのは困難なことなのでしょう。

スポンサーリンク

最後に

いかがだったでしょうか?

 

今回は宮田浩喜さんの無実の訴えを否定したT弁護士について調べてみました。

 

どんな弁護士であれ、出来ないことがあることは仕方がないことだとは思います。

 

が、弁護士の一言で人生が左右してしまうことがあるのも現実。

 

警察、検察、裁判官、弁護士、人生を決めてしまう職なだけに冤罪というあってはならないことが少しでも減っていくことを心から願っています。

 

それでは。

スポンサーリンク