堀ちえみが舌がんになった原因や手術の後遺症は?喋れるの?

堀ちえみさんが舌がんを発症。

 

状態はステージ4で極めて危険で手術をしたとして、その後の後遺症が気になります。

 

今回は堀ちえみが舌がんになった原因や手術の後遺症について調べていきました。

<関連記事>

堀ちえみ舌がんの転移や再発の可能性は?ステージ4の生存率は?

スポンサーリンク

舌がんってどんな病気?

舌がんとは、舌に発生するがんのことを言う。

 

飲酒や喫煙が大きな原因で舌がんを発症する。

 

舌がんは主に舌の側面にできることが多く、舌の先端にできることは珍しい。

 

口内炎とよく似ているため、気づいても放置しがちにする人が多く、受診したときには転移していることもある。

 

初期の舌がんは口内炎に似ているため、正確に見極めることが難しいが、2週間近く治らないようであれば舌がんの可能性も考えたほうが良い。

 

舌の表面がざらついたり、しこりが大きく腫れ上がっている場合は注意が必要。

舌がんの手術による後遺症とは?

手術によって切除する範囲により術後の後遺症が異なります。

 

舌部分切除術 

癌が小さく浅い場合、舌の一部の切除と数日の入院で済む。

舌の奥や咽頭の反射が強い場合は、手術により舌の変形は多少残るが機能障害や味覚障害に影響はない。

 

舌半切除術

癌が舌の中央辺りまで広がっている場合、舌の半分を切除して癌を摘出する。

切除した舌の部分は種々の方法で再建することで機能障害を最小限に抑えることは可能である。

術後一週間は経口摂取を禁止して経鼻経管栄養や点滴による栄養管理を行う。

舌の切除が半分であれば機能障害や味覚障害もない。

 

 舌亜全摘出術 

癌が舌の中心まで広がると舌の半分以上の切断が必要となる。

残った舌の動きの良さにより機能障害が大きく異なってくる。

術後一週間は経口摂取を禁止して経鼻経管栄養や点滴による栄養管理を行う。

口からの食事だけで十分な栄養が取れるようになるには1~2ヶ月かかる場合がある。

味覚障害はないが、嚥下や構音機能の障害が残る。

 

舌全摘出術 

癌が舌の中央をこえて反対側まで発展していた場合、舌を全部摘出しなくてはならない。

切除後に大きな機能障害が残る。

術後は縫合部が落ち着くまで経鼻経管栄養や点滴による栄養管理が必要。

その後、嚥下練習を行うが、口からの食事だけで十分な栄養が取れるようになるには1~2ヶ月かかる場合がある。

味覚機能は残るが大きな嚥下、構音機能の障害がある。

手術後は喋れるの?

手術後、落ち着きしだい喋ることは可能だろうが、以前のように話すことは難しいだろう。

 

舌の半分切除の場合は、味覚障害も機械障害も残されるが、それ以上だと日常会話にも大きく影響が出ます。

 

堀ちえみさんの場合は半分の切除ということなので日常生活には問題なさそうですね。

 

以前のようには行かないと思いますが、回復されるのではないでしょうか?

スポンサーリンク

最後に

いかがだったでしょうか?

 

今回は、堀ちえみが舌がんになった原因や手術の後遺症について調べていきました。

 

手術後の状態ってやっぱり心配ですよね。

 

ステージ4の舌がんですので一刻も早く回復してほしいです。

 

それでは。

スポンサーリンク