【予防】臭う汗と臭わない汗の違いってなに?原因や対処法を紹介!

梅雨になりジメッとした空気でベタベタした汗が気になってきますよね。

 

汗をかいた後「臭い」と感じる人もいるのではないでしょうか?

 

中には「そこまで汗が臭わない」という人もいますよね。

 

なぜ汗が臭う人と臭わない人がいるのでしょうか?

 

そもそも臭う汗と臭わない汗の違いとは何なのでしょうか?

 

ということで今回は「【予防】臭う汗と臭わない汗の違いってなに?原因や対処法を紹介!」と題して、臭う汗と臭わない汗の違いをわかりやすく紹介します。

 

また、臭う汗の対処法や予防法もまとめていきました!

スポンサーリンク

臭う汗と臭わない汗の違いってなに?

 

そもそも臭う汗と臭わない汗の違いとは何なのでしょうか?

 

実は本来、汗とはあまり臭わないものなのです。

 

汗とは体温調節を目的とした役割があります。

 

夏など体温が高くなってしまうときに汗がドバっと出てきますよね。

 

本来の汗は水のようにサラサラしていて蒸発しやすいものなのです。

 

では臭い汗とは?

 

ベタベタしていて乾きにくく、服に汗が吸収され臭くなってしまいますよね。

 

臭い汗には臭いの原因ともなるアンモニアを多く含んでいます。

 

臭う汗と臭わない汗の違いにはアンモニアが関係していることがわかります。

 

では、アンモニアを含んでしまう臭い汗になってしまう原因とは何でしょうか?

臭う汗の原因について

 

汗が臭う原因には

 

  • 食生活の乱れ

  • 汗をかいた後すぐに拭かない

  • 元々汗をかきにくい

 

こんな人に原因があるようです。

 

食生活の乱れ

偏った食生活を送っていると臭い汗になりやすくなります。

 

特に肉類ばかりを好んで食べているとタンパク質を分解するときに出るアンモニアの影響で汗が濃くなり臭いの原因に繋がります。

 

また、コンビニ弁当ばかり食べている人も臭い汗をかきやすいと言われているようです。

汗をかいた後すぐに拭かない

汗をかいたまま放置してしまうと、皮膚の上の雑菌が繁殖してしまい臭ってしまいます。

 

ニオイ菌を繁殖させないためにも汗をかいた後はこまめに拭くことを心がけましょう。

元々汗をかきにくい

元々汗をかきいくい人が汗をかくと「臭い汗」になってしまうことが多いようです。

 

理由としては汗をかくことが苦手で、汗を上手にかけなくなっているのです。

 

普段から汗をかくことができていないとドッと汗をかいたときに濃い汗になってしまい臭ってしまうのです。

 

現代ではエアコンがあるので上手に汗がかけないという人も多いように感じます。

臭う汗の対処法や予防法を紹介!

 

臭う汗の対処法や予防法について紹介します。

 

臭う汗を防ぐには

 

  • 汗をかいたらこまめに拭く

  • 食生活を改める

  • 普段から運動をする

 

このことを心がけていきましょう。

 

「汗をこまめに拭くことでニオイ菌を繁殖させない。」

 

「偏った食生活にならないように普段から気を使う。」

 

「運動をすることで普段から汗をかける身体にする。」

 

まずはこの3つから改善していきましょう!

スポンサーリンク

 

最後に

いかがだったでしょうか?

 

今回は「【予防】臭う汗と臭わない汗の違いってなに?原因や対処法を紹介!」について紹介していきました。

 

梅雨の時期は特に湿度が高いので臭う汗が気になってしまいますよね…

 

もしかしたら周りに鼻をつままれているかもしれません。

 

しっかりと予防をして清潔を保つことを心がけていきましょう!

 

最後までご覧いただきありがとうございました!

 

それでは。

スポンサーリンク