6月病に注意!憂鬱な心に負けない対策や予防法について

新社会人になり仕事にも慣れ始める頃に訪れる6月病。

 

精神的に不安定な時期といえば5月病と呼ばれていますが、6月病とはどのようなものなのでしょうか?

 

憂鬱な気持ちで仕事も手に付かない人もいるかも知れませんね。

 

もしかしたらあなたも6月病になっているのかもしれません!

 

ということで今回は「6月病に注意!憂鬱な心に負けない対策や予防法について」と題して、6月病とはどのようなものなのか、また6月病にならないための対策や予防法についてまとめていきました!

そもそも6月病とは?

 

6月病とは、仕事の業務に慣れ始める6月に病んでしまう心の病気で、ゴールデンウィークや梅雨の時期が重なってしまい起こる症状のことです。

 

仕事に慣れ始めた頃にGWで10連休があり、仕事を忘れ友達や大切な人と旅行に行った人も多いのではないでしょうか?

 

連休後、仕事が始まると「またこれから地獄の日々が始まってしまう…」

 

と感じ、その場から逃げたくなってしまうようです。

 

そして6月の梅雨の時期。

 

仕事が嫌になり辞めてしまう人やサボりバックレる人が続出しているようです。

 

この憂鬱な心の病のことを6月病といいます。

 

以前までは5月に心を病んで退職してしまう人が多かったですが、現在は6月のほうが退職率が高くなってきているようです。

6月病で憂鬱な気分にネットでも…

 

6月病に注意!憂鬱な心に負けない対策や予防法について

 

6月病になってしまう主な原因はストレスにあります。

 

6月病の憂鬱な心に負けないためにはストレスを溜め込みすぎないことが大切で、その問題のストレスを取り除くことで解消されるケースが多いです。

 

ですが仕事や家族の事情の場合は簡単には行かないと思いますので「こまめなリフレッシュ」を心がけていきましょう。

 

友達と飲みに行き、会社の愚痴を言い合ったりすることでもストレスは解消されていきます。

 

同じ話にはなりますが、ストレスを溜めずこまめなリフレッシュをすることで6月病は乗り越えられるのです。

最後に

いかがだったでしょうか?

 

今回は「6月病に注意!憂鬱な心に負けない対策や予防法について」について紹介していきました。

 

仕事を覚え始めた時期にGWが重なることでリズムが崩れ仕事をバックレてしまう人もいる6月病。

 

あなたも憂鬱な心に負けないためにもしっかりと対策や予防をして仕事に取り掛かりましょう!

 

リフレッシュを大切にしていれば6月病もきっと乗り越えられますよ!

 

最後までご覧いただきありがとうございました!

 

それでは。

スポンサーリンク