宮崎文夫に余罪の証拠発覚!前科持ちで不動産会社経営者だった!?

2019年8月10日に、茨城県の常磐道で煽り運転を行い被害者の男性の顔面を殴り逃走している宮崎文夫容疑者。

 

警察の捜査により、煽り運転を行った人物が”宮崎文夫”だと特定されました。

 

車に残された指紋から警察は宮崎文夫容疑者だと特定されたようですが、すぐに特定できた理由には前科があったからだと言われています。

 

また、ツイッターでは宮崎文夫容疑者だと思われる車に煽られた経験があるという声が多く上がっていました。

 

ということで今回は「宮崎文夫に余罪の証拠発覚!前科持ちで不動産会社経営者だった!?」と題して、宮崎文夫容疑者の余罪、前科について調査しました!

スポンサーリンク

煽り運転の犯人”宮崎文夫”が公開指名手配

 

2019年8月17日、警察は煽り運転の犯人である”宮崎文夫”容疑者を全国に公開指名手配しました。

 

宮崎文夫容疑者は8月10日、茨城県の常磐道で煽り運転で高速道路に車を停車し男性の顔面を殴り逃亡しました。

 

警察は被害者の男性のドライブレコーダーの分析により犯人を特定し公開捜査に踏み切りました。

宮崎文夫に余罪の証拠発覚で前科持ちがバレた?

ネットで宮崎文夫容疑者の余罪の証拠が発覚したようです。

 

宮崎文夫容疑者が運転していると思われる車に煽られ危険な目にあったという報告が跡を絶ちません。

 

煽られた被害を報告した人の画像に写っている車と宮崎文夫容疑者のインスタにアップされている車が一致したようですね。

 

これはもう言い逃れ出来ないのではないでしょうか?

 

宮崎文夫容疑者には余罪があると言ってほぼ間違いなさそうです!

 

また、宮崎文夫容疑者には前科があると言われています。

 

 

確かに宮崎文夫容疑者の画像がすぐに出てくるのは怪しいです。

 

指紋の一致という点も前科がある証拠なのではないでしょうか!

 

宮崎文夫容疑者の余罪や前科について調べていきましたが、ほぼ間違いなく「余罪あり」「前科あり」と言えるでしょう。

宮崎文夫の職業は不動産会社経営者だった!

宮崎文夫容疑者の職業があらわになりました。

 

宮崎文夫容疑者は不動産の経営者でした。

 

宮崎プロパティマネジメント株式会社の代表取締役として知られていたそうです。

 

こんな代表取締役じゃ信用できませんよね…

スポンサーリンク

 

最後に

いかがだったでしょうか?

 

今回は「宮崎文夫に余罪の証拠発覚!前科持ちで不動産会社経営者だった!?」について紹介していきました。

 

煽り運転が問題となっている今、一向に減らない煽り運転に警察の対応も変わってきています。

 

被害者の男性や、次に事故が起きないためにも早く宮崎文夫容疑者を逮捕していただきたいですね。

 

今後のニュースにも注目です!

 

最後までご覧いただきありがとうございました!

 

それでは。

スポンサーリンク