松山智一(美術家)のアートが凄い!海外で活躍する理由とは?

海外で活躍されている日本のアーティスト”松山智一”さん。

 

独学で始めたことが話題となり、その幻想的な世界観を感じるアートが世界で注目されています!

 

そんな松山智一さんですが、なぜ日本ではなく海外での活躍が多いのでしょうか?

 

ということで今回は「松山智一(美術家)のアートが凄い!海外で活躍する理由とは?」と題して、松山智一さんのプロフィールや海外で活躍されている理由について紹介していきます。

スポンサーリンク

松山智一(美術家)のプロフィール

 

名前 松山智一

誕生日 1976年4月30日

出身地 岐阜県

 

上智大学を卒業後、2002年に渡米。

 

NY私立美術大学院プラット・インスティテュートコミュニケーションズ・デザイン科を首席で卒業。

 

2013年4月、ハーバード大学に招待され、アーティストプレゼンテーションを実施。

 

2013年9月、ハーバード大学で個展が開催された。

松山智一(美術家)のアートが凄い!【画像】

「松山智一さんのアートが凄すぎる!」とテレビやメディアで度々注目されています。

 

「え?松山智一ってだれ…?」

 

と思われた人もいるのではないでしょうか。

 

それもそのはず。松山智一さんですが、日本での活躍は非常に少なく主に海外で活躍されているアーティストなんです!

 

そんな松山智一さんの世界で絶賛されているアートがこちらです。

 

 

この画像は日本で開かれた松山智一さんの貴重な展覧会の時のものです。

 

僕もそうでしたが、ひと目見ただけで引き込まれるタッチや色彩が松山智一さんにしか描けないアートの用に感じますよね!

 

これほど素晴らしいアーティストなのになぜ日本での活躍が少なく海外で活躍されているのでしょうか…?

松山智一(美術家)が海外で活躍する理由とは?

 

松山智一さんは25歳でアメリカに渡米されましたが、それまでは日本で独学で絵の勉強をされていたそうです。

 

アートの世界に興味を持った松山智一さんは「絵についてもっと知りたい」と日本を離れ海外で本格的に絵の勉強をするようになります。

 

海外で勉強し松山智一さんのアートの才能は開花し、次第に注目されるようになります。

 

その後、ニューヨークを拠点に活動をするようになった松山智一さんは、現在では海外では有名なアーティスト”松山智一”として名を刻みました。

 

絵のタッチや色彩などを見ても日本人離れしたセンスのようなものを感じますよね!(上からの言い方で申し訳ございません…)

 

日本での活躍がほとんどない松山智一さんですが、また日本で松山智一さんのアートが見られることを楽しみにしています!

スポンサーリンク

 

最後に

いかがだったでしょうか?

 

今回は「松山智一(美術家)のアートが凄い!海外で活躍する理由とは?」について紹介していきました。

 

日本人として海外で注目されているアーティスト”松山智一”さん。

 

日本での活躍は少ないものの、その独特の絵のタッチからファンも増えているようですね!

 

僕も一人のファンとして、日本でも知名度が増えていくことを願っています。

 

今後の松山智一さんの活躍に注目です!

 

最後までご覧いただきありがとうございました!

 

それでは。

スポンサーリンク