【東名あおり運転】裁判やり直しの理由や今後の判決は?

2017年に起きた東名あおり運転。

 

悲惨な事故でニュースでも大きく取り上げられていますが、裁判のやり直しが決定したようです。

 

一体なぜ裁判のやり直しが必要なのでしょうか?

 

ということで今回は「【東名あおり運転】裁判やり直しの理由や今後の判決は?」と題して、裁判のやり直しの理由や今後についてまとめました!

スポンサーリンク

【東名あおり運転】裁判やり直しにネットの反応は

 

東名あおり運転の裁判のやり直しにネットでは

 

 

というコメントが多く上がっていました。

 

確かに裁判のやり直しとなると、また数年間かけて争うことになるんですから…

 

では、なぜ裁判のやり直しをすることになったのでしょうか?

【東名あおり運転】裁判やり直しの理由について

 

東名あおり運転一審判決を破棄し裁判のやり直しについてです。

 

差し戻しの理由は、「危険運転致死傷罪」にあるようです。

 

「危険運転致死傷罪については争わない」という約束の上、裁判が進んでいた中、下された判決は「危険運転致死傷罪」で懲役18年。

 

つまり裁判官のミスが原因のようです。

 

不意打ちのような準備のない状態で危険運転致死傷罪についての裁判が進んだことに一審判決を破棄ということになりました。

 

では、裁判のやり直しで今後の判決はどうなっていくのでしょうか?

【東名あおり運転】裁判やり直しで今後の判決は?

 

裁判のやり直しで今後の判決はどうなっていくのでしょうか?

 

石橋容疑者の刑罰の重さは変わってくる可能性が出てきているようです。

 

それには追突してきた大型トラックが関係してきます。

 

大型トラックの運転手は「前の車を避けたら止まっている車があり衝突してしまった」と語られていますが、この発言にズレが有り「居眠り」「わき見運転」などがあった場合は石橋容疑者だけに問える罪ではなくなります。

 

したがって、石橋容疑者の罪が少し軽くなっていく可能性も出てきているようです。

スポンサーリンク

 

最後に

いかがだったでしょうか?

 

今回は「【東名あおり運転】裁判やり直しの理由や今後の判決は?」について紹介していきました。

 

準備不足での裁判のやり直しで今までの審判が無駄になってしまうと思うとやりきれない気持ちになりますよね…

 

遺族の気持ちもありますが、これからあおり運転が減っていくことを祈っています。

 

最後までご覧いただきありがとうございました。

 

それでは。

スポンサーリンク