【東名あおり運転】石橋容疑者の余罪がヤバかった!?

2017年に起きた東名あおり運転。

 

あおり運転の事故により石橋容疑者が逮捕されましたが、あおり運転をしたのは今回が初めてではないようです。

 

次々と余罪があることが判明いたしました。

 

ということで今回は「【東名あおり運転】石橋容疑者の余罪がヤバかった!?」と題して、石橋容疑者の余罪について紹介していきます。

スポンサーリンク

【東名あおり運転】石橋容疑者について

 

石橋和歩被告は2017年に神奈川県の東名高速であおり運転を繰り返し車を停止させ後続のトラックに追突され夫婦を死亡させた罪に問われています。

 

21歳のときに運転免許を取得した石橋被告ですが、交通違反を7回、事故を4回起こしています。

 

石橋被告の普段の性格は非常におとなしく、数年前はいじめにあっていたようです。

 

攻撃的な行動を起こすタイプではなかったため、車という鎧を身に着けたことで強くなったと錯覚し危険運転を繰り返すようになってしまったのかも知れません。

【東名あおり運転】石橋容疑者の余罪がヤバかった!?

 

東名あおり運転で逮捕された石橋容疑者ですが、余罪がいくつもあったことがわかりました。

 

石橋容疑者の知人の話によると「普段は普通なのにハンドルを握ると性格が変わる」「座席を倒し足でハンドルを操作し運転していた」

 

と、以前から危険運転行為をしていたようです。

 

また、事故の1ヶ月前にも前の車に無理やり割り込んだりあおり運転を繰り返すといった行為があったみたいです。

【東名あおり運転】石橋容疑者に対しネットの反応は…

 

東名あおり運転で逮捕された石橋容疑者に対しネットでは

 

「こいつ全く反省してないな」「もっと罪重くていいんじゃね?」

 

といった声が多く上がっていました。

 

確かにそう思いますよね。

 

あおり運転を繰り返す人は残念ながら危険運転をやめることはないと個人的には思います。

 

ここ最近になってあおり運転で逮捕される人が多くなりましたが、それらすべての人は危険運転常習犯ですから。

 

日々気をつけて運転することが必要ですね。

スポンサーリンク

 

最後に

いかがだったでしょうか?

 

今回は「【東名あおり運転】石橋容疑者の余罪がヤバかった!?」について紹介していきました。

 

今回の事故で石橋容疑者の余罪が発覚しました。

 

危険運転をしている人は繰り返し行っている人が多いようですね…

 

これを機にあおり運転が減っていくことを祈っています。

 

最後までご覧いただきありがとうございました!

 

それでは。

スポンサーリンク