いきなり!ステーキが苦戦で閉店するべき!閉店店舗や客の本音は?

安く高級肉を気軽に食べることができることで全国的に広まった「いきなりステーキ」

 

そんないきなりステーキですが客足が遠退き運営の危機に陥っているそうです…

 

幅広い客層から親しまれていたいきなりステーキですが一体何があったのでしょうか?

 

ということで今回は「いきなり!ステーキが苦戦で閉店するべき!閉店店舗や客の本音は?」と題して、いきなりステーキの客足が減った理由や今後についてまとめていきました!

スポンサーリンク

いきなり!ステーキが客足遠退き苦戦…

若者から年配の方にまで愛され続けてきたいきなりステーキですが、ブームを去り現在は客足が遠退き営業に苦戦されているようです。

 

この状況に一瀬邦夫社長はこのような張り紙をされています。

 

 

本当に運営が困難な状態のようですね…

 

いきなりステーキに客足が遠退いた理由とは何なのでしょうか?

いきなり!ステーキの客足が遠のいた理由とは

 

いきなりステーキの客足が遠退いた理由に「時代の変化」が関係しているのではないかと言われています。

 

以前までは”高級肉”というブランド目当てに食べてみたいと思われる人も多くいましたが、現在は”安くて美味しい”料理を求める人が急増しています。

 

インスタ映えなどを気にされる時代となり、いきなりステーキは時代の変化に対応できず客足が減ってきてしまったのではないかと言われています。

 

また、”高級肉”にこだわり味が疎かになっていたという反応もありました。

 

ネットでは「値段の割には美味しくない」という声が多く上がっていました。

 

ちなみにボクもいきなりステーキが好きで利用しているのですが普通に美味しかったと思うんですが…

いきなり!ステーキにネットの反応は

いきなり!ステーキは閉店するべき?

 

いきなりステーキは現在運営が困難な状態のようです。

 

2019年、12月時点で16億8500万円の損失となる「いきなりステーキ」

 

「閉店するべき」という声がありますが今後の対策はあるのでしょうか?

 

また、現在の店舗数や閉店する店舗はどこなのでしょうか…

いきなり!ステーキの現在の店舗数

いきなりステーキは現在全国に489店舗。

 

東京都内だけでも89店舗運営されています。

 

ボクもいきなりステーキを利用したことがありますが、高田馬場にある店舗に行ったときは繁盛していましたので閉店の危機を感じませんでしたが…

いきなり!ステーキが閉店する店舗数

いきなりステーキは11月に44店舗の退店を発表されています。

 

現在のところ、どこの店舗が退店されるかは不明。

 

今後、いきなりステーキの経営方針次第で退店される店舗が増えることも考えられます。

いきなり!ステーキの今後の対策は?

 

いきなりステーキの今後の対策はどうしていくのでしょうか?

 

現在は”張り紙”をすることでお客様に経営の悪化を訴えていますが、この行動にネットでは批判が殺到。

 

チラシ作戦は逆効果という声も多くありました。

 

ですが、話題に上がったことで「いきなりステーキ言ってみようかな」と思われた人もいるようです。

 

 

いきなりステーキの今後の対策についての情報はありませんでしたが、ボクの予想だと全店舗が閉店されることはないのではないでしょうか?

 

現在も東京のいきなりステーキは人気ですし店舗を減らすことによって改善されることもあるかと思いますが。

 

いきなりステーキがみんなに愛される店舗になっていくことを期待しています!

スポンサーリンク

 

最後に

いかがだったでしょうか?

 

今回は「いきなり!ステーキが苦戦で閉店するべき!閉店店舗や客の本音は?」について紹介していきました。

 

いきなりステーキはボクも大好きで利用させてもらっているので運営が困難な状態と聞いて少しショックでした…

 

閉店する店舗も出てきてしまいますが、今後のいきなりステーキの運営状況に注目していきます!

 

最後までご覧いただきありがとうございました!

 

それでは。

スポンサーリンク