中村格(警察庁)なぜ逮捕状をもみ消した?山口敬之の事件の真相について

ジャーナリストの伊藤詩織さんと山口敬之さんの性暴力事件。

 

山口敬之さんがお酒に酔った伊藤詩織さんをホテルに連れ込み強引な性行為を行ったことで問題となりましたね。

 

裁判は伊藤詩織さんの勝訴となり安心された人も多いと思います。

 

ですが疑問なのが山口敬之さんが不起訴となったこと。

 

その裏には警視庁の中村格さんの存在が大きいようです。

 

ということで今回は「中村格(警察庁)なぜ逮捕状をもみ消した?山口敬之の事件の真相について」と題して、中村格さんについてまとめていきました。

スポンサーリンク

中村格(警察庁)の経歴について

 

  • 中学校:福岡市立警固中学校

  • 高校:ラ・サール高等学校

  • 大学:東京大学法学部

 

1986年、警察庁に入庁。

 

1989年、和歌山県警察捜査第二課長

 

1992年、千葉県警察捜査第二課長

 

1993年、警察庁刑事局捜査第二課長補佐

 

1997年、在タイ日本国大使館一等書記官として外務省に出向。

 

2012年、菅義偉内閣官房長官の秘書官

 

2017年、総括審議官兼警備局付

 

2018年、警察庁長官官房長

中村格(警察庁)山口敬之の事件の真相について

 

伊藤詩織さんが山口敬之さんと会うこととなった2015年。

 

お酒の場で飲みすぎて酔ってしまった伊藤詩織さんを山口敬之さんが自宅ホテルに連れ込み合意の無いまま性行為に及びました。

 

伊藤詩織さんも相当ショックだったかと思います。

 

その後、事件として裁判が行われることに。

 

判決は伊藤詩織さんの勝訴となり山口敬之さんに330万円の賠償命令が下されました。

中村格(警察庁)が逮捕状をもみ消した理由は?

 

2016年6月8日、山口敬之さんの逮捕状執行直前に警視庁刑事部長として執行を停止した中村格さん。

 

逮捕間近の執行停止に疑問を抱く人も多いでしょう。

 

なぜ中村格さんは逮捕状の執行を停止したのでしょうか?

 

理由について調べてみましたが、残念ながら中村格さんは口を開いていませんでした…

 

また、山口敬之さんが逮捕されなかった理由に安倍首相も関わっているという噂も。

 

<関連記事>

山口敬之が逮捕されない理由とは?安倍首相との関係について

スポンサーリンク

 

中村格(警察庁)にネットの反応は…

最後に

いかがだったでしょうか?

 

今回は「中村格(警察庁)なぜ逮捕状をもみ消した?山口敬之の事件の真相について」について紹介していきました。

 

山口敬之さんの逮捕状がもみ消され問題となっている今回の事件。

 

裏に隠れた真実が明らかになる日は来るのでしょうか…?

 

今後の行動にも注目していきます!

 

最後までご覧いただきありがとうございました!

 

それでは。

スポンサーリンク