笠井信輔アナの病院はどこ?抗がん剤の副作用や退院時期はいつ?

フリーアナウンサーとして活躍されている笠井信輔アナ。

 

2019年12月18日、悪性リンパ腫であることが発表されました。

 

現在闘病中の笠井信輔アナですが、入院されている病院や悪性リンパ腫の抗がん剤治療の副作用などについて調べてみました。

スポンサーリンク

笠井信輔アナが悪性リンパ腫で入院

 

悪性リンパ腫と診断されたことを公表した元フジテレビのフリーアナウンサー、笠井信輔(56)が19日、東京都内の病院に入院した。古巣の同局系「とくダネ!」(月~金曜前8・0)に生出演後、病院へ。その移動車内で妻とサンケイスポーツの単独取材に応じ、患部の痛みをこらえながら「女房が『大丈夫』と励ましてくれる。結婚30周年記念日と女房の誕生日がある来年6月には完治して、東京五輪にも関わりたい」と誓った。

笠井信輔アナにネットの反応は…

笠井信輔アナが入院している病院はどこ?

 

笠井信輔アナが入院されている病院について調べてみました。

 

悪性リンパ腫と診断されたことを公表した元フジテレビのフリーアナウンサー、笠井信輔(56)が19日、東京都内の病院に入院した。

 

笠井信輔アナですが、東京都内の病院に入院されているようですね。

 

病院名までは発表されていませんでしたが、ネット上でがん・感染症センター都立駒込病院の下山達腫瘍内科医長がコメントをされていたようです。

 

このことから”がん・感染症センター都立駒込病院”である可能性も考えられます。

 

あくまで予想ですので正しい情報が分かりましたら追記していきます。

笠井信輔アナの抗がん剤治療の副作用について

 

笠井信輔アナの正式な病名は「びまん性大細胞型B細胞性リンパ腫」というもの。

 

90種類近くある悪性リンパ腫の一つであり週~月単位で大きくなり早い経過で進行する疾患。

 

約4ヶ月の抗がん剤治療を始めることとなり「髪の毛が全部抜け落ちる」「痩せていく」といった副作用があるようです。

笠井信輔アナの退院時期はいつ?

 

悪性リンパ腫について調べていると比較的抗がん剤治療がよく効く病気であるため、初回治療は入院で行いその後は外来で化学治療を継続していくことが多いようです。

 

笠井信輔アナも抗がん剤治療後は退院し2ヶ月間の自宅療養を経て来年の6月の仕事復帰を目指しているようです。

スポンサーリンク

 

最後に

いかがだったでしょうか?

 

今回は「笠井信輔アナの病院はどこ?抗がん剤の副作用や退院時期はいつ?」について紹介していきました。

 

悪性リンパ腫で闘病中の笠井信輔アナ。

 

早く悪性リンパ腫を完治させて、またフリーアナウンサーとして活躍されている姿が見れることを楽しみにしています!

 

今後の笠井信輔アナの経過をお祈りしています。

 

最後までご覧いただきありがとうございました!

 

それでは。

スポンサーリンク