羽生結弦が優勝するためにフリーで必要な得点や勝てる可能性は?

2019年3月21日、フィギアスケート世界選手権2019の男子ショートプログラムを終え、羽生結弦選手がまさかの3位。

 

冒頭の4回転サルコーが2回転になってしまったことで無得点という惜しい結果に…

 

2位にジェイソン・ブラウン、1位にネイサン・チェンと手強い相手に差をつけられてしまいました。

 

羽生結弦選手が優勝するためにはフリーで何点取ることが必要となってくるのでしょうか?

 

また、ネイサン・チェン選手に羽生結弦選手は勝てるのでしょうか。

 

さっそく調べてみました。

スポンサーリンク

【フィギュアスケート世界選手権2019】羽生結弦が1位になるためにフリーで必要な得点は?

フィギアスケートはショートとフリーの合計で順位が決まります。

 

過去の世界フィギュアスケート選手権の記録を参考にすると

 

世界フィギュアスケート選手権2017のネイサン・チェン選手のフリー得点は「193.39」

 

羽生結弦選手とネイサン・チェン選手は12.53点差。

 

つまり単純計算だと「205.92」が最低ラインだといえます。

 

あくまで過去の記録からの推測となりますので正確な数字でないことをご了承ください。

【フィギュアスケート世界選手権2019】羽生結弦がネイサン・チェンに勝てる可能性は?

羽生結弦選手がネイサン・チェン選手に勝てる可能性は十分にあると思います。

 

ですが、今年のネイサン・チェン選手の滑りの完成度は高く、羽生結弦選手は1つのミスが敗因となってしまうので、羽生結弦選手が優勝するためにはいつも以上に「完璧な滑り」が求められることでしょう。

 

逆転優勝の可能性は残されているものの、その扉は狭いことは確かです。

【フィギュアスケート世界選手権2019】ショートプログラム結果

  • 1位 ネイサン・チェン/技術点60.98 構成点46.42 減点0.00 合計点107.40

  • 2位 ジェイソン・ブラウン/技術点50.66 構成点46.15 減点0.00 合計点96.81

  • 3位 羽生結弦/技術点48.16 構成点46.71 減点0.00 合計点94.87

 

冒頭の4回転サルコーが2回転になってしまったミスによる技術点の低さからネイサン・チェン選手と大きく差を開かれてしまった。

 

怪我からの4ヶ月ぶりの実践だったこともあるが悔いが残る結果となった。

 

羽生結弦フリーで挽回なるか。

スポンサーリンク

 

最後に

いかがだったでしょうか?

 

今回は「羽生結弦が優勝するためにフリーで必要な得点や勝てる可能性は?」について紹介していきました。

 

ショートプログラムでは惜しい結果となってしまった羽生結弦選手ですが、なんとかフリーで取り戻してほしいですね!

 

点数差は大きくないので逆転のチャンスは残されています!

 

23日のフィギアスケート男子フリーも見逃せません!

 

それでは。

スポンサーリンク