今村優香にドーピングの過去!?原因や理由について調査してみた!

日本の女子バレーボール選手として活躍されている今村優香選手。

 

日本代表としてアウトサイドヒッターを担当されていますね!

 

そんな今村優香選手ですが、過去にドーピングの疑いで3ヶ月間の資格停止処分を受けた過去があったそうです。

 

日本人選手でドーピング(薬物違反)は中々珍しいですよね。

 

結果、使用の疑いは晴れましたがなぜドーピング審査に引っかかってしまったのでしょうか?

 

ということで今回は「今村優香にドーピングの過去!?原因や理由について調査してみた!」と題して、今村優香選手のドーピングの過去について紹介していきます!

スポンサーリンク

今村優香のプロフィール

 

名前 今村優香

出身地 東京都

誕生日 1993年9月2日

 

友達に誘われたことをきっかけにバレーボールを始めた今村優香選手。

 

駿台学園中学校・高等学校を経て、青山学院大学に入学することとなる。

 

2013年、秋季リーグでベストスコアラー賞に輝いた。

 

2013年、全日本女子メンバーに初選出しモントルバレーマスターズで全日本代表デビューを果たした。

 

2015年、第28回ユニバーシアードに出場し銅メダル。

 

2015年、V・プレミアリーグの久光製薬スプリングスに入団。

 

2017年、ベトナムで開催されたVTVカップに出場しベストスコアラーに選出された。

今村優香がドーピングの疑いで資格停止の過去!

 

2014年5月に受けたドーピング検査により「カンレノン」が検出され今村優香選手は3ヶ月間の資格停止処分となり、検査後の関東大学リーグ2試合分の個人成績を無効とされてしまいました。

 

当時活躍されていた今村優香選手のドーピング疑惑に大きな話題となりましたね。

 

そんなドーピングの疑いのかかった今村優香選手ですが、ドーピング審査に引っかかってしまった原因や理由や何なのでしょうか?

今村優香がドーピングで疑われた原因や理由について調査してみた

 

今村優香選手はなぜドーピング審査に引っかかってしまったのでしょうか?

 

理由や原因を調査したところ、今村優香選手は当時ニキビ薬を使用されていたそうです。

 

医師が処方したニキビ薬にドーピング審査で引っかかってしまう「カンレノン」という成分が含まれていたことが原因でした。

 

カンレノン(Canrenone)は、抗アルドステロン薬の1つであり、さらに抗アンドロゲン剤の作用も持つ。ヨーロッパでは、利尿薬として用いられている

スピロノラクトンの主要な活性代謝物の1つであり、その作用の原因の一つになっていると考えられている。

 

検査前にニキビ薬を使用されていたことがわかりドーピングでないことが判明されました。

 

いや~…ニキビ薬でもドーピング審査に引っかかってしまうんですね…

スポンサーリンク

 

最後に

いかがだったでしょうか?

 

今回は「今村優香にドーピングの過去!?原因や理由について調査してみた!」について紹介していきました。

 

3ヶ月間の資格停止処分となってしまった今村優香選手ですが、疑いも晴れ何事もなくて安心しました。

 

今後も日本代表としてチームを引っ張っていく存在になっていくことを期待しています!

 

最後までご覧いただきありがとうございました!

 

それでは。

スポンサーリンク