笠りつ子がタオル断られブチギレ!黙れ発言で処分どうなる?

日本の女子ゴルフ選手として活躍されている笠りつ子選手。

 

笠りつ子選手の兄もゴルフ選手であり人気のある選手ですが、大会を主催する関係者に暴言を吐いたことが問題となっているようです。

 

美人で腕前のある選手でしたのでなんだかショックな出来事ですよね…

 

ということで今回は「笠りつ子がタオル断られブチギレ!黙れ発言で処分どうなる?」と題して、笠りつ子選手の処分について調べてみました。

スポンサーリンク

 

笠りつ子のプロフィール

 

名前 笠りつ子

出身地 熊本県

誕生日 1987年11月4日

 

9歳のときにゴルフ場経営者である父がコーチを務める坂田信弘主宰の坂田ジュニアゴルフ塾に入門した。

 

中学2年制のときに九州ジュニアゴルフ選手権で優勝。

 

2003年、東海大学付属第二高等学校1年のときに九州女子アマチュアゴルフ選手権で当時最年少優勝を飾り話題となった。

笠りつ子がタオル断られブチギレて問題に…

 

笠りつ子選手はクラブハウスの風呂場でバスタオルを持ってくるように関係者に頼んだところ、断られ「頭固い、死ね」と暴言を吐いた事が問題となっています。

 

コースでは風呂場に常備されているバスタオルが持ち帰られる事が多くあったため撤去していたようです。

 

このことに対し、笠りつ子選手はどのような対応をしているのでしょうか…?

笠りつ子の「黙れ死ね」発言で処分どうなる?

スポンサーリンク

 

笠りつ子選手の処分についてですが、現在は発言を認め謝罪を済ましているようですね。

 

「決して言ってはならない言葉であったと、深く反省しており、誠意を込めて謝罪させていただいた」

 

笠りつ子選手ですが、当面の間、ツアーへの出場は自粛するようです。

 

その後、日本女子プロゴルフ協会からの処分が正式に決定され次第、謝罪会見を開くことになる予定です。

 

笠りつ子選手が発言を認め、謝罪していることから処分も重いものにはならないと考えられますが、世間のイメージダウンは免れませんね…

最後に

いかがだったでしょうか?

 

今回は「笠りつ子がタオル断られブチギレ!黙れ発言で処分どうなる?」について紹介していきました。

 

性格の悪さが明らかになってしまったようですし、今後続けていくにしてもイメージというのはそう簡単に拭えるものではありません。

 

今後の笠りつ子選手の行動に注目していきます!

 

最後までご覧いただきありがとうございました!

 

それでは。

スポンサーリンク