山部佳苗(柔道)が決勝で反則負け!?東京五輪に不安の声も【動画】

日本の女子柔道選手として活躍されている山部佳苗選手。

 

リオデジャネイロ五輪銅メダリストとして活躍された山部佳苗選手ですが、2019年11月2日講道館杯全日本体重別選手権の決勝で冨田若春選手に延長の末反則負けとなり準優勝となりました。

 

9年ぶりの優勝のかかった試合だったこともあり残念な結果となってしまいましたね…

 

いったいどんな試合だったのでしょうか?

 

ということで今回は「山部佳苗(柔道)が決勝で反則負け!?東京五輪に不安の声も【動画】」と題して、山部佳苗選手が決勝負けした動画について調べてみました。

スポンサーリンク

山部佳苗(柔道)のプロフィール

 

名前 山部佳苗

出身地 北海道

誕生日 1990年9月22日

 

6歳のときに刑務官の父の影響で柔道を始めた。

 

札幌市立東栄中学校3年のときに全国中学校大会の70kg級で2位となった。

 

旭川大高2年のときにはインターハイ78kg超級で3位となる。

 

その後、全日本ジュニアで優勝を飾った。

山部佳苗(柔道)が冨田若春に決勝で反則負け!?【動画】

スポンサーリンク

 

山部佳苗選手が決勝で冨田若春選手に反則負けをした動画について紹介します。

 

~現在編集中~

山部佳苗(柔道)の東京五輪出場に不安の声も

 

山部佳苗選手ですが、東京五輪の有力候補とだけあって今回の反則負けにネットでは不安の声も少なからずあるようですね…

 

ネットでは「山部佳苗選手が反則負けか」「オリンピック大丈夫かな…」

 

という声が上がっていました。

 

リオデジャネイロ五輪では輝かしい結果を残されたこともあり、今回の反則負けには不安が大きいようです。

 

ですが、山部佳苗選手ならここから巻き返せることを期待しています!

最後に

いかがだったでしょうか?

 

今回は「山部佳苗(柔道)が決勝で反則負け!?東京五輪に不安の声も【動画】」について紹介していきました。

 

山部佳苗選手に期待されていた人も多かった中で反則負けとなってしまったことにショックでしたよね…

 

オリンピックでも山部佳苗選手の出場と力強い試合が見れることを期待しています!

 

最後までご覧いただきありがとうございました!

 

それでは。

スポンサーリンク